「AirbnbやUberのようにネット×リアルサービスでイノベーションを起こす」㈱ホワイトプラス

f:id:barikatsu:20170823190449p:plain

ホワイトプラスはWebの宅配クリーニング「リネット」やクラウド型収納スペース「ヒロイエ」などのサービスを運営しているITベンチャーです。(社員数約60名)

  

【こんな人にオススメ】

「“IT×リアル”の切り口で、生活のインフラになるレベルのサービス創りに携わりたい」

「メディア露出多数のスタートアップ企業の話を聞いてみたい」

「集客するだけではなく、サービス創りや改善までできるマーケターになりたい」

 

「ネット」×「リアル」で新たな生活サービスを

f:id:barikatsu:20181115200533p:plain

インターネットが生まれて20年がたった今、インターネットでのイノベーションの第一フェーズは終わったとホワイトプラスは考えています。

 

次のフェーズは、AirbnbUberに代表される「ネットで完結しない領域=ネット×リアルサービス」の領域です。

 

Airbnbの「宿泊」やUberが「移動」といったテーマを扱っているのに対して、ホワイトプラスは、「洗濯」「収納」といったテーマを扱っています。

 

共通項は、

①消費者の「実生活」に関わるという点

古くから存在していた市場に対してITの力で新たなサービスを生み出して世の中を便利にしているという点

 

まずは、今取り組んでいる2つの事業を大きくスケールさせ、今後様々なリアルサービスをネット化する新規事業を立ち上げていく構想を持っています。

 

スタバやレッドブルのように「価値の再定義」を行う

f:id:barikatsu:20181115201557p:plain

代表の井下(いのした)さんは次のようにインタビューで語っています。

=======

スターバックスは、従来の「喫茶店」の定義を「コーヒーを買う体験」という価値提案に変えました。

 

レッドブルも、従来の「栄養ドリンク」の枠を超えて「クールな若者が飲むエナジードリンクと新たに定義して広めました。

 

彼らに共通しているのは、既存の市場の概念を異なる角度からとらえ直し、まったく新しい提案として価値を「再定義」したことだと思うのです。

=======

 

ホワイトプラスは、「洗濯」「収納」という消費者にとって身近な領域で、どのような「価値の再定義」をしようとしているのか、ぜひ面談で詳しく聞いてみてください!

 

リクルート人事との個別面談 

f:id:barikatsu:20180301145807p:plain

(人事の高見さんプロフィール)

2012年明治大学卒業後、新卒でリクルートライフスタイルに入社。ホットペッパー営業、人事、じゃらん営業を経験。2015年にGMOアドパートナーズへ転職。本体およびグループ会社5社の中途採用を担当し、年間100名超えのギネス採用を達成。2017年7月にホワイトプラスへ。

 

「ネット」のチカラで「リアル」を再構築し、多くの人の生活シーンをより便利にできるサービス創りに興味がある人は、ぜひ個別面談にご参加ください!

 

 

f:id:barikatsu:20181105155611p:plain

会場で一緒になった学生と「ホワイトプラスどうやって見つけたの?」「ベンチャーどうやって探してる?」という話題になったら、【バリ活】を教えてあげよう!申込方法は「バリ活」と検索するだけ!

今なら「既にベンチャー企業を見ている人」対象に【初回面談時Amazon5000円分】をプレゼントします★