「80名の東証一部上場企業で“経営者目線”を学ぶ」㈱パラカ

f:id:barikatsu:20161201163720p:plain

パラカは、土地を持っている経営者や富裕層(いわゆる地主)向けに、土地の活用方法として「駐車場運営」を提案しています。(東証一部上場 / 社員約80名)

 

【こんな人にオススメ】

「業界を問わず、自己成長できる環境を大事にしたい」

「分業制ではなく、自分で最初から最後までやりきれる仕事がしたい」

「組織を自ら創る側に回りたい」

 

たった80名で東証一部上場という稀有なビジネスモデル

f:id:barikatsu:20171215144426p:plain

ゴールドマンサックス出身の創業者が「不動産×金融」の考え方を駐車場に応用させたビジネスモデルを展開しています。

 

たった80名で東証一部上場という高い生産性を持つ働き方のため、一人当たりの「仕事の幅」がかなり広いものとなっています。

 

「経営者目線」を学ぶ

f:id:barikatsu:20171215144833j:plain

営業自らがマーケティングリサーチや地主への「コンサル提案」、そして販売後の「物件マネジメント」まで一貫して行います。

 

少数精鋭のため、一般の企業のように細かく分業せず、一つの案件を丸ごと任せる環境だからこそ、「経営者視点」を身に付けていくことが出来ます。

 

先輩社員の声

「自分の頭で考えて、ゼロから最後まで自分が責任を持って仕事が出来るところに惹かれ、パラカを選びました。 何もないところから、駐車場「経営」を行うまでを営業担当が行うので、 「主体的な働き方をしたい」「自分の考えをカタチにできる場で働きたい」と感じていた私にとっては、とてもいい場所ですね。」(立命卒・女)

 

「私がパラカを選んだ理由は、成長できる会社と思ったからです。パラカでは研修後、すぐに現場に出て、マーケット調査、提案書作成、提案条件等、1年目から重要な仕事を任されます。もちろん最初は失敗することも多いですが、その失敗が財産となり、より一層成長していると実感できますよ。」(東洋大・男)

 

「パラカはモノを売る営業ではないので、担当者の人間力が利益に直結することの面白さ、そしてなにより利益が出そうなビジネスモデルに惹かれました。 「自分の成長」→「会社の利益向上」→「会社の成長」→「自己実現」というサイクルが、私が求めていたものにマッチして、入社を決めましたね。」(法政・男)

 

「契約はゴールではなくスタートラインです。 どのような駐車場になるか、全ては担当者次第。「1年目だから○○しない」というのはパラカにはありません。駐車場運営という責任ある仕事を通して、1年目から経営者視点を身に着けることができる環境です。」(法政・男)

 

f:id:barikatsu:20161201164737j:plain 

入社を決めた先輩たちも、駐車場に興味があった人はいません。

 

それよりも、「少数精鋭」「一人で丸ごとの仕事」「経営者視点」といったキーワードにピンとくる人は、ぜひ説明会にご参加ください!

 

 

※「年間休日120日」「初任給25.5万」「大阪勤務(希望者は東京も可)」と東証一部上場ならではの条件です。