「"家族"のように助け合うチーム」㈱テラ

f:id:barikatsu:20181203202623p:plain

テラは、モバイル業界シェアNo.1の販売管理ツールを主軸に、新規事業を多数生み出しています。(社員約170名)

  

【こんな人にオススメ】

「誰と働くか、を大事にして企業を選びたい」

「家族のように助け合うチームで働きたい」

「自分が尊敬できる人たちから学びたい」

 

ヒトに惚れて、入社を決めた人ばかり

f:id:barikatsu:20181128185519p:plain

事業に興味を持ったというよりは、ヒトの魅力に惹かれ、入社を決めた人が多い会社です。

 

社員は「家族」だと考えているテラ。選考もいわゆる「面接」ではなく、「おしゃべり」のように進み、お互いの温度感を大事にしています。時には、面接官が9割方喋っていた、なんてことも。

 

代表の佐藤さんは採用メッセージとして次のように語っています。

================

 「どのような会社を目指しているのですか?」と聞かれることがあります。僕らは迷うことなく「みんなで幸せになる会社」と答えます。

================

 

先輩の声

f:id:barikatsu:20181128184627p:plain

『色々なすごい人がいるけれど、どんな時でも笑顔で頑張っている人が一番すごいと思う』という役員の方の話を聞き、社会人としてこういう方と一緒にいれば成長できるのではと感じ、入社を決めました。もしもう一度就活をしたとしても絶対にテラに入りますね。入社5年目になりますが、ここしかないって胸張って言えますよ。」(青山さん・立命卒)

 

f:id:barikatsu:20181128184129j:plain

「就活では、メーカー・出版社・金融など、業界を絞らずに知っている企業を幅広く見ていました。テラに初めて会ったとき、青山さん(写真左)が『会社に行きたくない日なんて全然ない!』と楽しそうに話すのを見て、他の会社でここまで惹きつけられる社員はいなかったと、一気に志望度が上がったのを覚えています。今ではその青山さんと同じ部署。少しでも近づけるように努力の毎日です。」(谷森さん・同志社卒)

 

f:id:barikatsu:20181128185218p:plain

三井住友銀行から内定をもらっていましたが、銀行だと周りと同じだし、何よりもテラの人たちとどうしても働きたいと思い、テラに決めました。印象に残っているのは、一番最初の選考です。自分の突拍子もない発言に対して、副社長の横田さんは親身に対応してくれました。最終面接で『社長になりたい!』と断言したので、これからもっと成果を出せるように頑張ります!」(成田さん・同志社卒)

 

(イベント風景)

f:id:barikatsu:20181203202833j:plain

f:id:barikatsu:20181203202711j:plain

f:id:barikatsu:20181203202747j:plain

f:id:barikatsu:20181203202728j:plain

f:id:barikatsu:20181203202854j:plain